腰の痛みは、女性に多くみられる傾向にあります。 その理由としては、いくつかありますが、代表的なものを2つ挙げてみましょう。 ・腰に負担が掛かることが多い ・女性特有のホルモンなどの問題 腰に負担が掛かると、腰に痛みが出るということは容易に想像できますよね。 女性の場合、妊娠や出産、子育てなどで、腰に負担が掛かることが多いのです。 妊娠中は、急激に体型が変わり、妊娠していない状態の時との違いでバランスが取れずに、腰に負担が掛かります。 バランスを取ろうとして、お腹を突き出すような姿勢になることも、腰痛を誘発していると言えるでしょう。 出産時には、骨盤が広がりますし、子育て時には、赤ちゃんを抱っこしたり、授乳したりする際の姿勢も腰に負担を掛けます。 さらに、ハイヒールなども、腰に負担が掛かる原因になっています。 ホルモンの状態で言いますと、生理痛などがありますね。 閉経後に女性ホルモンの不足により、骨粗しょう症になる女性も多く、これも腰の痛みの原因になります。 また、女性は男性よりも筋肉の量が少ないため、どうしても腰痛になりやすいでしょう。 それに、ストレスなども腰痛の要因となりますが、いずれにしても、腰の痛みを感じたら、早めに対処した方がいいでしょう。